犬や猫のお役立ち情報・エピソード=ほっとらんど

犬にこんな可愛いことされたら勝てない!

      2018/04/14

 

古代ギリシアの哲学者プラトンは、犬の知性を非常に高く評価していました。

彼は『気高き犬』を、『学ぶことが好き』で、『驚嘆すべき獣である』と表現しました。

わが家の犬たちの行動を見ると、ときにはプラトンに共感したくなることがあります。

 

ある冷たい雨の日、私はあまりに疲れて気分がわるく、犬たちをいつものように朝の散歩に連れていけず、少しのあいだ庭で遊ばせるだけにしました。

これはフラットコーテッドレトリーバーのオーディンにとって、受け入れがたいことでした。

 

ティアラ

 

その日の夕方、私が本を読んでいると、足元でカサコソ音がしました。

見下ろすと、オーディンが自分のリードをくわえてきて、床に落としたのです。

私はそれを拾い上げて、となりのソファーに置き、彼の頭をなでて『あとでな、オーディン』と声をかけました。

 

しばらくすると、また足元で音がしました。

オーディンが今度は私の靴の片方を運んできたのです。

私が無視すると、彼は急いで靴のもう片方もくわえてきて、私のそばに落としました。

冷たい雨がやまないので、相変わらず腰を上げようとしない私が、彼にはきっと鈍感で頑固に思えたにちがいないのです。

 

そのときでした。

オーディンがドアに駆け寄って、おなじみの声で吠えました。

それは、私の妻のジョーンが帰ってきたときに使う吠え声でした。

 

私は以前ニューヨーク市に何年か住んでいたので、ニューヨーカー特有の習慣を身につけていました。

自分が家で仕事をしているときでも、かならずドアに鍵をかけるというのもその一つです。

それは警戒の必要がない安全なカナダのアルバータで育ったジョーンには、うっとうしいことでした。

 

そんなわけで、オーディンが『ジョーンが帰りましたよ』と吠えたとき、彼女が雨に濡れながら鍵をまさぐり、私の不便な習慣にうんざりせずにすむよう、私は立ち上がってドアを開けにいきました。

 

私がドアまであと1、2歩のところまで行ったとき、オーディンはダッシュしてソファーまでもどり、リードを拾い上げました。

私がジョーンの車が帰っていないのに気づくよりも早く、彼は口にくわえたリードを私の手に押しつけていました。

 

彼の無言の訴えに、私は思わず笑ってしまいました。

一連の行動のあいだ、彼が頭の中でどんなことをつぶやいていたか、想像できる気がしました。

 

『散歩に行きたいんだ、だからリードを持ってきたよ・・・ほら、あなたの靴。だから散歩に行こう・・・これでよし、あなたがドアの前にいるあいだに、ぼくがリードをもってきたから、ねえ、散歩に行こうよ!』

 

これはもちろん、オーディンの行動に意図的な計画性があったと考えて、あれこれ推理をつけくわえ、心の動きを言葉にしたものです。

 

ティアラ

 

しかし、私の推理が彼の行動からはずれていないことは、たしかでしょう。

ついでながら、彼は望みどおり散歩に行けたのです。

『犬も平気でうそをつく?』スタンレー・コレン著より引用

 

こんな可愛いことされたらダレでも負けちゃいますね。

 

 - エピソード, 犬と人間