犬や猫のお役立ち情報・エピソード=ほっとらんど

この犬は賢い犬?それとも悪い犬?

      2018/04/14

 

犬が相手をだしぬいた例は数かぎりなくあり、なかには巧妙な画策をおこなう犬までいます。

シカゴのブレンダが飼っている、ビーグルのロルフとファニーもその例です。

 

ビーグル

 

彼女はこんなふうに話してくれました。

私がなぜファニーを、本物のペテン師だと思うようになったのか。

その背景として知っておいていただきたいことが、二つあります。

 

一つは、うちの犬たちは牛の骨が大好きだということ。

私は二、三日おきに牛の骨を一本ずつあたえます。

 

骨が汚くなったり小さくなったりすると、私が拾って捨てます。

どこかにいって、わからなくなることもあります。

 

一本だけ残った場合も、ロルフとファニーは争ったりしません。

そのとき骨をもっている者がその所有者だと、おたがいに理解しあっているようなのです

 

もう一つは、犬たちが骨以上に好きなのが、私の夫だということ。

その理由は、帰ってくるたびに夫が二頭をなでてやるだけでなく、裏口のドアの脇に置いてあるジャーから、特別のオヤツをだしてあたえるからだと思います。

 

スティーヴはいつも家の裏のガレージに車を停めて、裏口から入ってきます。

だから彼の帰宅は、犬たちにとってオヤツがもらえるチャンスなんです。

 

そしてある日の午後、ロルフは骨をしゃぶっていたのですが、ファニーは自分の骨が見つかりませんでした。

彼女はロルフのようすを眺め、部屋を歩きまわったあと、立ち止まって彼の骨をじっと見つめました。

 

私がなにかの用事でキッチンにいっていると、突然ファニーが私の脇をすりぬけて裏口のドアヘ突進しました。

彼女は後ろ足で立ち上がり、前足でドアを叩いたのです。

 

古いドアで少しぐらぐらしているので、叩くとまるでドアが閉まるときのようなパタンという音がします。

そのあと彼女はキッチンまでもどって、カウンターのそばに身を寄せました。

キッチンのドアに近いと同時に、そこを通りぬける者からは見えない場所です。

 

裏口のドアがパタンといったとたんに、ロルフが姿を現しました。

私の夫が帰ってきたと思ったのです。

 

そしてロルフがキッチンに入ってくるやいなや、ファニーは猛烈な勢いで飛び出していって、骨を自分のものにしました。

ファニーが裏のドアを叩いて大きな音をたてたのは、ロルフがそれを聞いて『スティーヴだ!オヤツがもらえる!』と判断するのがわかっていたからに違いありません。

そのあいだに骨を盗もうと考えたのです。

 

これは計画的にやったなと私か確信したのは、彼女が裏口のドアを叩いたあとカウンターの下に身をひそめ、ロルフが通りすぎたとたん、行動を開始したからです。

 

まったく、凄腕のペテン師です!

『犬も平気でうそをつく?』スタンレー・コレン著より引用

 

ビーグル

 

こんな犬同士の騙し合いもあるのですね。

 

ふだんの食事を愛犬にもっとおいしく食べてもらう方法パピー

 

【北海道の鮭ゴハン】
おいしい北海道産、鮭のゴハン。DHAたっぷり!

【北海道のエゾ鹿ゴハン】
おいしくてミネラルたっぷり北海道産の鹿肉ベースのゴハン

【送料無料】お試しドッグフード
小さなパッケージでお試しからどうぞ。

 

 - エピソード, 犬の行動