悪性肉腫から復活した、フレンチブルドックのごろーちゃん!

 

埼玉県の梅北様より、とっても嬉しいお便りをいただきました。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

こんにちは。

梅北ごろーです。

 

20151119-1
以前登場したのが約6年前(2009/08/01)。

お久しぶりで~す。

クプレラフードを食べて元気に過ごしてたよ~(^_^)。

20151119-2
犬生は順調、順調と思ってたけど、この夏は、だ・だ・だいへんだったよ。

月一回のトリミングに出かけようとした時に、おとっつぁんが「ごろーの肘の肉塊が左右違う!!」

と言い出して、動物病院の先生に診てもらったら直ぐに採った方が良いでしょう!!」

と言われて即決、1週間後に手術(2015/07/04)して肉塊を切除したんだ。

 

 

手術前

20151119-3

 

 

手術後

20151119-4

 

 

包帯姿が痛そう

20151119-5
病理診断結果を聞いて、が・が・がーん。

・・・悪性肉腫・・・だって・・

『正式名は悪性間葉系腫瘍』

広範なマージンをとった外科的切除が推奨され、左前脚を肩から断脚が望ましいと先生には言われたんだ。

ひぇ~ (> <;)。

でも、僕の体は重心が前方にあるので前足が片方だけだとQOLが著しく損なわれるので、おとっつぁんと、おっかさんが悩んだ末、断脚はしないで化学療法(抗がん剤)を選んだんだ。

化学療法は、静脈注射(カルボプラチン)によるもので、残っているかもしれない腫瘍をやっつけるために注射したよ(2015/07/25)。

 

 

20151119-6

 

 

その日の夜中、嘔吐が始まって明け方まで吐き続けたんだ(だんだん吐くものがなくなって粘液状)。

朝ごはんも食べれない・・・

ゆっくりなんとか少しだけ食べたけど、再び嘔吐・・・

動物病院で整腸剤の注射をしてもらい、ご飯と一緒に投薬を行って、1週間後には見かけ上は元気になったんだ。

そんで、久しぶりにトリミング・シャンプーをしてもらったんだ(2015/08/08)。

でも、その日の夜中から40℃超えの熱が出て、ぐったり。

時間外の夜遅くに動物病院の先生に抗生剤の点滴投与をしてもらったよ。その後も4日間毎日点滴投与したよ。

 

 

20151119-7
ちょうど肉塊切除手術前から療養食を指示されて、ご飯が切り替わっていたけれど食欲が全くなくなっちゃったんだ。

あまりにも食べなかったので、ほっとらんどからのエゾ鹿肉のドッグフードを出してもらったら、

や・や・やっ

うっ・うっ・うまい!!!

今は、ご飯をこのほっとらんどドッグフードに変えてもらったんだ。

食らいつきが違うね~とか言われてるよ~。

やんちゃも戻ってきたけれど『元気なのがいいね~』と、今は毎日がとても大切な時間に変わって充実しているよ~。

 

 

20151119-8

 

 

んじゃ、またお便りするね~ 
(バナナをもらって上機嫌なごろーとじゃれながら、ごろーのおとっつぁんが代筆しました)
2015年11月18日

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

梅北様、

ごろーちゃんの詳しい復活のお便りありがとうございました。

9歳になったごろーちゃんとは子犬の頃からのお付き合いです。

元気になって本当に良かったねー!

 

ごろーちゃん復活のゴハン
ほっとらんど・ドッグフード・ベニソン(北海道産シカ肉)
焼かずに40度で乾燥させた美味しい栄養満点ドッグフード

ごろーちゃんのサプリメント
SGJ Bイースト(ビタミンBのすぐれた摂取源です。)